ソーシャルインクルーとは

ソーシャルインクルーの由来

「ソーシャルインクルー」という社名は、「ソーシャルインクルージョン」という言葉を短縮しております。

「ソーシャルインクルージョン」とは・・・
”すべての人々を孤独や孤立、排除や摩擦から援護し、健康で文化的な生活の実現につなげるよう、社会の構成員として包み支え合う”
厚生労働省では、ソーシャルインクルージョンを上記のように定義付けています。

何らかの理由で社会から排除された人を社会が包み込むという意味合いで、障がい者や貧困層、子ども、高齢者や女性、移民など、社会的弱者を含むすべての人の健康で文化的な生活の実現を目的としてします。
またソーシャルインクルージョンは「社会的包容力」、「社会的包摂」と訳され、「社会的排除」の対義語として使われます。

「ソーシャルインクルー」はこの「ソーシャルインクルージョン」の意味と、「さまざまな人を包み支える」想いのもと、誕生しました。

会社概要

名称 ソーシャルインクルー 株式会社
所在地 本社 東京都品川区南大井6-4-22 東京ネオンビル2F
Google mapで見る
電話 03-6436-8972
FAX 03-6436-8973
設立年月日 2017年4月6日
資本金 1億円(資本準備金含む)
代表者 渡邊 智成
事業内容 障がい者総合支援法における障がい福祉サービス
1.障がい者グループホームの運営
2.就労継続支援事業所の運営(計画中)
3.生活介護事業所の運営(計画中)

法人理念

今ここにない ミライ を創造する

ソーシャルインクルーに関わるすべての人たちと共に成長し、社会に必要な基盤を創造し続けます。

ソーシャルインクルーのビジョン

利用者様・ご家族様のパートナー的企業であり続ける

ご利用者様・ご家族様に生涯に渡って頼られる存在であるために、サービスの「質」・「量」を高め続けます。

シゴトをタノシミ・人生をタノシム

経済的な安定や豊かさを求めていくとともに、シゴトの場での自己表現を通して、生きがいや働きがいといった心の豊かさを求めて参ります。
全社員の心が豊かになることでより良いサービスを実現し続けると考えています。

フクシ発想だけにとらわれない自由な社風をつくる

福祉業界だけでいると新たな発想・新たなミライは生まれにくいものです。ソーシャルインクルーは地域や企業との自由な連携により新たな事業を創造し続けます。

SIホームでダントツNO.1

親なき後のホーム・自立生活に向けたホーム・重い障がいがあっても地域で暮らせるホーム、今後より一層高齢化していく社会の中で「今」手掛けないといけないSIホーム事業を全国に供給します。